坂本寿克建築研究所

 
HOME ABOUT WORKS CONTACT FACEBOOK
 
こどもと絵本の家
駐輪場と駅舎…フォルム
あらやほいくえん
ハチ公の駅
White Cube
由利本荘の家
扇田こども園
南が丘こども園
専門学校
新屋幼稚園
ホテヤ幼稚園
クインズヘア
新屋の家
小館町の家

  2020年

こどもと絵本の家


 2016年に完成した「南が丘こども園」の離れた敷地に建つ子育て支援施設としての建物です。

 子供に絵本を読み聞かせしたいという施主様の要望と予算以外は、

 決まりごとがない設計依頼でした。

 木造100?程度の小さめの住宅規模のため、どういう要素を打ち出すかを考えるのに

 かなり時間を要しました。


 城跡の公園のそばで、隣が寺院という条件を意識しての外観です。

 子供のための施設ですが、いつものように外観は子供っぽくしない。

 でも優しくスマートなシルエットにしたいという思いはありました。

 内部空間は、決して広くない部屋に本棚を象徴的に配置して、

 且つ子供にとっては広く感じるよう天井を高くしました。

 今回は、それまで建っていた学校の家具の再利用を提案したり、

 館のネーミングにもかかわる事になり密度の濃い仕事になりました。

こどもと絵本の家1 こどもと絵本の家2 こどもと絵本の家3 こどもと絵本の家4 こどもと絵本の家5 こどもと絵本の家6 こどもと絵本の家7 こどもと絵本の家8 こどもと絵本の家9 こどもと絵本の家10 こどもと絵本の家11 こどもと絵本の家12 こどもと絵本の家13 こどもと絵本の家14 こどもと絵本の家15

  2019年

駐輪場と駅舎…フォルム


 同年春に完成した、「秋田犬の里(ハチ公の駅)」の敷地内に建つ小さな建物が二つです。

 一つは、駐輪場、二つ目がトロッコ駅舎兼格納庫です。

 施主様は、市内の東光鉄工株式会社です。東光グループは、竣工後この建物を大館市に寄付しました。

 設計条件は、「東光の主力商品である、デッキプレートを曲げた素材を使うこと」でした。

 駐輪場は、ハチ公が渋谷駅に向かって『待て』をしている姿を、

 トロッコ駅舎は、犬が走り出すときの姿をモチーフに造形しました。建築というより造形です。

 小建築2作ですが、材料への挑戦と、自分が関わった秋田犬の里への思いを絵にしたものになりました。

駐輪場と駅舎…フォルム1 駐輪場と駅舎…フォルム2 駐輪場と駅舎…フォルム3 駐輪場と駅舎…フォルム4 駐輪場と駅舎…フォルム5 駐輪場と駅舎…フォルム6 駐輪場と駅舎…フォルム7 駐輪場と駅舎…フォルム8

あらやほいくえん


 この保育園は0歳〜2歳までの保育のため、当サイトの下段にある新屋幼稚園(2001年完成)に

 渡り廊下でつないで増築されたものです。

 当時はRC造2階建でしたが、今回は木造2階建ての高気密・高断熱・床暖房の園舎にしました。


 三角の変形敷地・桜並木の公園を積極的に受け入れて、

 桜を鑑賞できる吹抜けホールのガラス窓は、夜間は行灯のような明かりを提供して、

 通勤通学で通る方に安心感を提供しています。

 周囲に回した屋根付き廊下は、安全に外遊びが出来るだけでなく、万一の避難経路として使われます。

 子どもたちが、またそこに預ける親御さんが安心できて楽しめる空間を考えました。

あらやほいくえん1 あらやほいくえん2 あらやほいくえん4 あらやほいくえん5 あらやほいくえん6 あらやほいくえん7 あらやほいくえん8 あらやほいくえん9 あらやほいくえん10 あらやほいくえん11 あらやほいくえん12 あらやほいくえん13 あらやほいくえん14 あらやほいくえん15 あらやほいくえん16 あらやほいくえん17 あらやほいくえん18 あらやほいくえん19

  2017年

ハチ公の駅


 大館市の駅前に2018年建設の、ハチ公と秋田犬を中心に置いた展示場・物産館です。

 他の設計事務所と企業体を組んでの実施設計の受注で、設計監理は市の仕組み上当社は受注できません。

 今回は、ハチ公が通った時代の渋谷駅の外観をなぞるという、

 市役所からの絶対要望があり屋根と外壁の形状を再現しました。

 雪国で問題が発生しないように技術的な配慮と、窓のレイアウト等が主なデザイン業務でした。

 内部に関しては、当方の考えを求められ、駅のコンコースのような大屋根を現した空間を

 シンプルに表現していながら、来場者の記憶に残る形を考えました。

 この内観パースは私個人が勝手に色彩等を考えたもので、設計監理でどうなるかは分りません。

 空間の解釈は設計者が変わると違うものになるのは珍しくないので、宝石箱を開けるような期待をしています。

ハチ公の駅

  2016年

White Cube


 大館市の児童公園に建つ公衆トイレの建替えです。

 市の仕組み上、監理業務は無く、設計だけのためここまでの業務になりました。

 児童公園と言いながら、隣接地には事業所建築が多く、住宅建築はその少し奥に見られる地域です。

 建物の個性には敷地環境が大きく作用するというのが私の基本的な考えのため、

 ほかの児童公園に見られるような、三角屋根のウッディなデザインでは無く、白い箱を置きました。

 『公衆トイレ=汚い』は昔の考えです。外から見ても中に入ってもきれいで、

 地域住民にきれいに使いたいという気持ちを持っていただけるようにデザインさせていただきました。

White Cube1


由利本荘の家


 すでに退職している親世帯とその子供の計4人が住むお宅に、遠隔地で暮らす母親が同居する部屋の増築でした。

 家族以外の知り合いがいない土地で、社交的な趣味を持っていない老人がどうやって時を過ごすか、

 明日は誰にでも降りかかる問題でした。

 既存の7.5帖の寝室に4.5帖の増築です。当初、キッチンセットは小さくして、少しでも広く使うことを考えていましたが、

 子供世帯とは時間も内容も違う食事を、無理せずに自分で料理することで今までと同じモチベーションを

 持ち続けてもらいたくて、旧宅と同じサイズのキッチンセットにしました。

 その分、部屋は狭くなりますが、子供や孫と交わることで気持ちも空間も有効に

 活き活きと過ごしてもらえるように思いをこめました。

 絵的には、既存の座敷から見える台所が雰囲気を壊さないように丸い窓をつけて、

 来客が『あそこにある部屋は何だろう』と感じてもらえる事を意図しました。

 

由利本荘の家1 由利本荘の家2 由利本荘の家3 由利本荘の家4 由利本荘の家5 由利本荘の家6 由利本荘の家7 由利本荘の家8


扇田こども園

(『建築ジャーナル 2016年12月号』掲載)

 築51年の木造幼稚園を、時代の要請でこども園に建替えた木造2階建ての園舎です。

 旧園舎は敷地が狭く、建設地を探すところから関わることができました。

 幸い、地域のシンボルである達子森という山を眺めることができる敷地が見つかり

 後ろにある山の景観を壊さぬようにデザインしました。

 光と影が混在する内部空間の周囲にはバルコニーを設け、雨天時にも活動的に過ごせるように、

 また、玄関側に0〜2歳までの保育室と遊戯室を配置、奥に3〜5歳児用の保育室と遊戯室を

 配置して、運動能力に差がある年代が無理なく生活することができるように考えました。


 この園舎も、外観にはこどもっぽさを出さないようにして、昔からあったしこれからもあり続ける

 そんな気がするデザインを地域に問いかけました。

扇田こども園1 扇田こども園2 扇田こども園3 扇田こども園4 扇田こども園5 扇田こども園6 扇田こども園7 扇田こども園8 扇田こども園9 扇田こども園10 扇田こども園11 扇田こども園12 扇田こども園13 扇田こども園14 扇田こども園15 扇田こども園16 扇田こども園17 扇田こども園18


南が丘こども園


 3年ほど前に基本構想のお手伝いをしたこども園の増築です。

 当時は木造で0〜3歳児用の園舎を計画でしたが、今回は4・5歳児用の保育室と遊戯室の計画です。

 限られたスペースに入りきれない要素を入れるため、1階保育室に柱を設けず、行事の際には

 ステージとして使えるよう、鉄骨で無柱の空間を確保しました。

 3年前は螺旋階段のホール、今回は直線階段のホールを配し、似てるけど違う空間になったと思います。

 こどもっぽいデザインではなく、教育の館であることを感じさせるが、ギャラリーとしても使える

 空間をと考えました。

南が丘こども園1 南が丘こども園2 南が丘こども園3 南が丘こども園4 南が丘こども園5 南が丘こども園6 南が丘こども園7 南が丘こども園8 南が丘こども園9 南が丘こども園10 南が丘こども園11 南が丘こども園12 南が丘こども園13 南が丘こども園14 南が丘こども園15 南が丘こども園16 南が丘こども園17 南が丘こども園18


  過去の物件

専門学校

専門学校1 専門学校2 専門学校3 専門学校4

新屋幼稚園

新屋幼稚園1 新屋幼稚園2 新屋幼稚園3 新屋幼稚園4 新屋幼稚園5 新屋幼稚園6 新屋幼稚園7 新屋幼稚園7 新屋幼稚園7 新屋幼稚園7

ホテヤ幼稚園

ホテヤ幼稚園1 ホテヤ幼稚園2

クインズヘア

クインズヘア1 クインズヘア2 クインズヘア3 クインズヘア4

新屋の家

新屋の家1 新屋の家2 新屋の家3 新屋の家4 新屋の家5 新屋の家6 新屋の家7

小館町の家

小館町の家1 小館町の家2 小館町の家3 小館町の家4 小館町の家5 小館町の家6 小館町の家7



Copyright © 2016 坂本寿克建築研究所 All rights reserved.
by mamaplan